高天原温泉に行った話

 

「日本一遠い」温泉、高天原温泉に行ってきました。

 

どのくらい遠いかというと・・・往復3泊4日です(!)

 

《1日目》

折立ー太郎平小屋ー薬師沢小屋(所要時間:約7時間半)

 

《2日目》

薬師沢小屋ー雲ノ平山荘ー高天ヶ原山荘ー高天原温泉ー雲ノ平山荘(所要時間:約10時間半)

 

1日目は、歩き始めてすぐ急坂が続きます。途中の太郎平小屋からは、北アルプスの山々が一望!そこからは基本的に下りです。薬師沢小屋はそばにある川の水がとてもきれいで、黒部イワナが目視できるほどでした。

 

2日目もいきなりの急坂。ひたすら登ること2時間・・・そこには天国のような雲ノ平が!絶景を眺めながら気持ちよく歩いていましたが、今度はひたすら下り。こんなところに本当に温泉があるのか・・・?

 

半信半疑で進んでいくと・・・徐々に川の音が大きくなり、そこに温泉が!!

 

苦労してたどり着いた感動はひとしおです。山々に囲まれ、川の音を聞きながら青空のしたで温泉に浸かるという最高のロケーションでした!

 

【東京からのアクセス】

出発地点は、富山県の「折立」。

 

毎日新聞社が運行している毎日アルペンバスが便利です。前日夜に竹橋と都庁前から出発し、早朝に折立に着きます。

 

また、富山駅から折立までの直通バスが出ています(期間限定で完全予約制)。

 

【補足】

高天原温泉のみを行くなら、温泉から20分ほどのところにある高天原山荘に宿泊するのがいいです。

 

また、薬師沢小屋から高天原温泉に直接行くルートもあります(所要時間:約5時間半)。

 

【オススメポイント】

 

高天原温泉は、女性用・男性用・混浴があります。女性用は衝立があるので安心です。私の好きな白濁の温泉でした。

 

混浴は、女性は水着があったほうがよさそうです。川のそばにあるので、暑くなったら冷たい川で体を冷やし、また温泉に気持ちよく入れるという無限ループを繰り返せます!

 

上記に高天原温泉のみのルートも書きましたが、雲ノ平にもぜひ訪れてほしいです!雲ノ平は「日本最後の秘境」と呼ばれていて、3000㍍級の山々に囲まれたすばらしいところです。夕空はラベンダー色に染まり、夜は満天の星空が見られます。

 

コメント

  1. こんにちは、これはコメントです。
    コメントの承認、編集、削除を始めるにはダッシュボードの「コメント画面」にアクセスしてください。
    コメントのアバターは「Gravatar」から取得されます。

タイトルとURLをコピーしました